2014年10月20日月曜日

見え隠れする「見識」



「ヨルタモリ」良かったよ

『ヨルタモリ』 - とれたてフジテレビ:
'via Blog this'

昨日から始まった、タモリの新番組「ヨルタモリ」。
自分的には、わりとツボにはまって、面白く見ていた。若い人が、これを見て面白いと思えるかというと、疑問符がつくけれど。

「今夜は最高!」をリアルで見ていた記憶はある。
でも、正直ものすごく面白いとは思わなかったし、「変なことをする、面白いのか、面白くないのか、微妙な人」というのが、当時のタモリに対する認識だった。

まぁ、そんなものだ。


「ヨルタモリ」は、垣間見える「見識」を楽しんでいくつもり。

「ヨルタモリ」のコンテンツの一つは、フリートーク。
フリートークは、ある種の見識がある人がやると面白い。

宮沢りえというキャスティングが、大正解。当然トークなれはしていないのだが、それでも、トークの端々にアドリブ何だかよくわからない形で垣間見える、宮沢りえの「見識」が面白かった

市井の面白いおっさんといえば、最近では友近だったけれど……

市井の面白い人を見つけ出して、動作や口調のパターンを抽出して、それを適度にデフォルメしていくのが、友近の芸の一つ。
タモリは、そこに「面白い人のフォーマット」に合わせた自分の見識をチラチラ入れていく。だから、タモリの芸は、幅が広い。
最近は、この手の芸を見せるのは、徹子の部屋でしかなかったはず。

しばらくは、追いかけようと思ってますよ

「今夜は最高!」をちょっと見ていた自分と、「ヨルタモリ」を見ている自分の違いは、他人の「見識」って面白いと思えるようになったということ。
これから、どうなるのか、どれくらい続けていくのかわからないけれど、まぁ、見ていこうかなぁと思ってます。



ちなみに、「見識」を楽しむという意味では、Twitterもそうなんだけどね