2014年10月15日水曜日

「正しさ」の運用

不眠症の治療はすれ違う

不眠症治療の本質を「適切な睡眠がとれるように、生活を改善すること」にするのは、間違いではない。
でも、「とりあえず、睡眠に満足感を得たい」と思っている人のほうが多数派。
この「すれ違い」をどう処理するのか。本当は、そこがポイント。


「正しさ」の運用

誰かどう考えても「正しい」ことを実行できないからこその人間。「正しいこと」との折り合いの付け方とか、ちょっとあきらめることへの納得のさせ方とか、そういったものって大切。  
ところが、「正しいこと」を突き詰めさせたり、「正しくしてない」ことを単純に責めたりする人がいるのが、何とも。

「正しさ」って、わりと限定した範囲の中でしか成立しない。
広い世の中では様々な「正しさ」が存在する。
必要なのは、自分の「正しさ」を適応させることではなくて、それぞれの「正しさ」を認めて、妥協点を見つけることなんだよなぁ。



Sleeping / xlibber
Written with StackEdit.