2013年12月12日木曜日

ヤンデル先生の新たな挑戦(?)



Twitterでのヤンデル先生は、PCの前に座っている限り、自分に対する返信(リプライ)のみならず、いわゆる”エアリプ”にも、即座に反応する。その速度たるや、おどろくべきものが有り、Twitterだけではなく、ツイキャスでも、そのリアルタイムのコミュニケーションの能力の高さには、いつも感心していました。

そして、今回の新企画。”公開型文通”(交換日記は、私の勘違い……)ということで、お互いが時間をかけることができる形のコミュニケーションが展開されるようです。

文通の相手は、西野マドカ氏。ツイート数は多くありません。しかし、何気ない挨拶ツイートなど、ツイートの雰囲気が好きで、思わずファボを入れてしまうことも少なくありません。
魅力的なアカウントの一つで、非公開リストにも、しっかり入れさせてもらっています。


文通というスタイルでの、この二人のコミュニケーション。それが、こちらのブログで始まりました。




独特の時間の流れ方を感じさせる、なんだか魅力的な雰囲気が伝わっきています。

これからの展開が非常に楽しみです。


Letters Play Important Roles in our Lives / William Arthur Fine Stationery