2013年6月27日木曜日

DVD「ヴァージニア」視聴終了:やい、コッポラ。二つ目からやり直しだよ


DVD「ヴァージニア」視聴終了。




何と言っても、監督は、フランシス・フォード・コッポラである。
痩せても枯れても、「ゴッドファーザー」、「地獄の黙示録」のフランシス・フォード・コッポラである。

映像の美しさは、さすがである。
多少、合成時の色調の合わせ方など気になる点はあるが、作品全体の雰囲気を損なうものではないし、むしろ意図的にそうしていると思える。
(そのあたりを気にしていたら、大林宣彦作品は見れません)

ジャンルとしては、ホラー映画に分類される作品。
主人公は、スティーブン・キングをデフォルメしたようなホラー小説家。彼が、アメリカのとある片田舎の町に訪れたところ、そこでは、少女が胸に杭を差し込まれて殺されるという猟奇的殺人が起こっていた……
というお話。



私、この映画は、ホラー作品というジャンルでは解釈していません。

構造から考えると、基本的には落語噺です、この映画。

酒飲みで、睡眠薬が無いと眠れなくて、借金も抱えたダメな男。いわゆる、落語の与太郎が、不思議な世界でおこす、恐怖あり、笑いあり、涙ありのドタバタの話。

落語に詳しくないけれど、多分、この映画のような噺は、古典落語の中にあるんじゃないかと思います。


ただ、哀しいかな、欧米人です。多分、落語知りません。
だから、この映画、落語の語り口としては、上手くありません。仕方ありません。
古典落語なんて、見たことないだろうし、見ていたとしても、きちんとコッポラに落語の面白さを説明できる人なんていないでしょうから。
それでも、一つの映画作品として成立しているのは、流石コッポラと言わざるを得ません。


誰か、フランシス・フォード・コッポラに、立川談志の落語を山のように聞かせて、その面白さを解説してくれないかな。
きっと、この映画、もっと面白くリメイクしてくれるのに……

ということで、40点とさせてもらいます。
二つ目あたりからやり直して、もっと修行しておいで>コッポラ





私が、落語だと思っている映画は、もう一つあります。


それが、これ。「ディア・ドクター」です。
これは、以前にも話をしたような気がする……



2013年6月25日火曜日

診断をつけるって、慎重にしないといけないはずでは……



何かの事件があった時に、その人なりに憶測するのは止めようがない。
その憶測を自分の周囲の人に話をするのも、自由。咎められるものでもない。
もちろん、それをTwitterやFacebookなどで、自分の意見を表明するのもありだろう。
それが、匿名であるか、実名であるかも些細な問題だと思っている。

ただ、自分もそうだから、医療系アカウント、特に精神科医療系を表明しているアカウントの動向については、思うことがある。
ネットで簡単に知ることができるレベル程度の情報に基づいて、実在の人物に関して、精神疾患の可能性が云々という意見を述べるのは、正直如何なものかと

その見立てや診断が正しい、正しくないという問題ではない。
正しくても、正しくなくても、それでいいのかしらん。



いわゆる、チラシの裏ですな
申し訳ない。




2013年6月24日月曜日

何も知らずに映画館で見ると面白かったはずだよな : DVD「トータル・リコール (2012)」視聴終了 



DVD「トータル・リコール」視聴終了。



ポール・バーホーベン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「トータル・リコール」のリメイク作品。

これは、映画館で見たほうが良かったかな、と少し後悔。
未来社会の雰囲気、アクションなどは、わりと上手くできていたと思う。映画館の大画面で見ていたら、大分引きこまれたんじゃないだろうか。
DVDで見たのは、ちょっと失敗だったような気がする。


じゃあ、映画館で見たらどうかというと……
これは、前作の「トータル・リコール」にとらわれた状態で見ると損する作品だからなぁ。
フィリップ・K・ディックの原作とか、前作の映画とかの印象や理解が頭の中に残っていると、どうしても愚痴がでてきてしまうんじゃないかと。

前作「トータル・リコール」で、ポール・バーホーベンの世界&シュワルツェネッガーのスター性が印象に強く残っている自分としては、40点と評価せざるをえない。


ちなみに、前作の予告編はこちら。













2013年6月17日月曜日

遠回りになってしまった患者さん

不定愁訴の患者さんの外来初診。時々、病院に来るまでに、次のような経験をすることがある。

どうにも改善されない症状に、かかりつけ医が困って、別の病院に紹介。
その病院も困って、総合病院に紹介。
総合病院は、受診の経緯を聞くなり、心療内科(ただし、その病院に、心療内科は無い)受診を勧める。
近くの精神科のクリニックは予約待ち。
仕方なく、民間精神病院受診。


こういった経緯の初診を診察する時には、なんとも言えないディスアドバンテージ感を覚える。



Moods of Demeanour - "What?"/Impatience / seishin17



心療内科を勧められたのに、精神科、しかも、今の勤務先のような古いタイプの民間精神病院を受診せざるをえなかった患者さん。
その心中のモヤモヤしたものは、理解できる。そのモヤモヤの解消するには、多少なりとも労力が必要とされる。

「心療内科」という言葉に期待を持っていた患者さんが、「精神科医」から厳しい現実をつきつけられた時。「心療内科にしておけば……」、「やっぱり、精神科は……」といった気持ちが出てくることは、当たり前。
このモヤモヤした気持ちの緩和から始めざるをえない治療は、どこか遠回りしている気してならない。

そういった遠回りが、治療的な効果を発揮する場合も少なくはない
でも、遠回りの段階で、脱落しちゃう患者さんも、同じように少なからずいるわけで。
そうなると、やっぱりこういった遠回りっていうのは、治療におけるディスアドバンテージじゃないかと感じてしまう。


こちらとしては、脱落した患者さんも、どこかの病院で上手く治療に結びついてくれたら……って、願うだけだけど。



Pray / mjs6p



2013年6月14日金曜日

正論でもなく、トンデモでもなく、「屁理屈」が知りたい



呟ききれないこと: 「母さん助けて詐欺」と「統合失調症」の共通点は……: 'via Blog this'

と、昨日ブログを書いてから、考えたことがあったので、その続き。


他の医療者が現場レベルで、どんな風に「統合失調症」を説明しているか。すごく知りたい。 

小さな規模でも講演の形をとったり、パブリックな要素のある講義みたいなもので、統合失調症という疾患の説明をするのなら、「教科書的な正しさ」のある説明をすることになる。多分、操作的診断基準に基づいた説明になる。



Light bedtime reading / Richard Masoner / Cyclelicious

ところが、実際の現場、つまり、診察室で患者さんや家族の人へ病気の説明をする場面では話が違ってくることがある。「教科書的な説明」では納得してもらえないことも、しばしば。
「頭で理解できても、腑に落ちない」という状態。
そういった場合に、「腑に落としてもらう」ことを目的にした説明をしないといけないわけで。

教科書的な説明が「理論」であるならば、腑に落ちる説明は「屁理屈」という方向で考えるのも一つの手
理解ではなく、納得が目的。



まだ「精神分裂病」と呼ばれていた頃。
「引き裂かれた自己」も読んでいない不勉強な自分は、患者さんの状態をなんとか「分裂」という言葉に結びつけることができるように説明をしていたこともあった。
アドリブ的な説明だから、大分忘れたけれど、「とにかく、こんな状態なので、○○さんとしては、精神が引き裂かれて、分かれてしまうくらい、辛くなる病気なんです」みたいなことを口走っていた記憶がある。

こうなってくると、「理論」とは言えなくて、「屁理屈」の展開。それでも、ある程度納得はしてもらえていたと思う……
多分、今の精神科医療の現場では、患者さんの言動や状態を「統合失調」という言葉に結びつけるために工夫された説明がいろいろとされているはず。
その説明を聞くと、参考になる部分が多いはず。

症例集じゃないけれど、いろいろな場面での「屁理屈」集っていうものがあれば、便利じゃないかなぁ。
「へ理屈」の必要性を感じているタイプの人間は、他の「屁理屈」を知ることで、自分の「屁理屈」のレベルを上げることができるはず。

「こんな説明、間違っている。これは医療じゃない」なんていう”無粋な”批判が、一番邪魔になる。この邪魔をどうするかというのが、問題になるよなぁ。





2013年6月13日木曜日

「母さん助けて詐欺」と「統合失調症」の共通点は……


Twitterでの、いわゆる「公式アカウント」に、警視庁犯罪抑止対策本部アカウントがある。タイムラインを見ていたら、こんなつぶやきが目にとまった。


ツイートの冒頭の「母さん助けて詐欺」を理解するまでに、少し時間がかかった。……、そういえば、「オレオレ詐欺」を変更して、これになったのか。

中途半端な名称変更って、やっぱりダメだよな



そういえば、自分が「統合失調症」の名称に慣れるまで、どれくらい時間がかかったかしらん

自分が、精神科医として仕事をし始めた時は、まだ「精神分裂病」の時代。当然、患者さんや家族へも「精神分裂病」という言葉を使って説明。
「分裂病って、何が分裂しているんですか?」って聞かれたことも、何回かあった。その度に、それなりにの説明をしていた。



mahesh's explanation / activefree


数年して、「精神分裂病」は、「統合失調症」という名称に変わった。

当初は、当然のように戸惑って、「まぁ、名前変わりましたけれど、ぶっちゃけ「分裂病」ですから……」などと言いながら、今までどおりの説明を続けていた時期もあった。
そのうち、自分が精神科医として成長したからなのか、この疾患の病態を自分なりの解釈するようになって、自分なりの理解が深まってきた。
その解釈が頭の中にある状態で、患者さんや家族に説明することを繰り返していった。
すると、不思議なことに、「統合失調症」という言葉を使うと、より上手く説明できた
「分裂病」と口にしていたタイミングで、自然に、「統合失調症」と喋っていた。

少なくとも自分にとっては、「統合失調症」という言葉の解釈が示す病態が、病気としての「統合失調症」である。
妄想めいたことを訴える患者さんを診て、この言葉を使って上手く説明できなければ、本当に「統合失調症」なのか、と診断について考えこむことも、しばしば。

こんな診断のやり方は、操作的診断基準とはかけ離れた邪道なものなんだけどね。
(必要な場面はもちろん、同時並行で操作的診断基準の考え方も忘れてはいないつもりなので、念のため)

やっぱり、精神科医としては、本筋から遠く離れたところにいる精神科医になっちゃったような気がする。思えば、遠くへきたものだ。



old country road / Rennett Stowe




話は最初に戻るけれど、「母さん助けて詐欺」というのは、この犯罪の本質を言い現せているんだろうか……
やっぱり「オレオレ詐欺」が良かったんじゃない?






2013年6月10日月曜日

DVD「アンジェラ」視聴終了 うーん、なんか残念


DVD「アンジェラ」視聴終了






いつもなら、ここでYouTubeの予告編動画を貼り付けるところだったけれど、すぐには見つからなかったので、動画は無し。

前半30分くらいまでは、けっこう楽しめた。
ウクライナのギャング組織の一員が、警察に捕まる。捕まった人間が、口を割るのを防ぐため、チェコにいる妹を確保するため、ギャング組織の4人がチェコへ向かうという流れ。

ダラダラとした展開もなく、わりと面白く見れた。

でも、肝心の「アンジェラ」(当初は、アンジェラではなく、エイリアンと呼ばれる)が出てきた辺りから、何となく雰囲気が怪しくなり、終盤は尻すぼみの展開というか、イマイチ訳の分からない展開に。

この流れ、かつての「Vシネマ」に似ている。
「とっかかりは、面白い。でも、その質を維持できず、最後はどこかで見たような展開になりつつ、訳がわからなくなる。考えすぎて失敗」というやつ。

主演のナタリア・ロマニチェワに魅力があれば、作品全体を引っ張れたかもしれない。でも、元々の実力と演技指導の不足で、そうはなれなかったなぁ。

もうちょっと、面白くなったかもしれないという妙に残念な気分が残った作品。
Vシネマの雰囲気が好きだった人ならということで、40点


ちなみに、下のリンクは、正確にはVシネマではなくて、松竹ビデオの作品(まぁ、Vシネマみたいなノリでつくられているから同じようなもの)ではあるが、私が愛して止まないシリーズ。
ただ、大多数の人は、「これ、わけがわからん?」と首をひねるストーリーなので、お勧めしない。






「新しい顧客」への説明


medtoolz先生の、このつぶやきが目にとまった。




精神科の場合、「うつ病は、心のカゼです」キャンペーンが、”適切な受診の啓蒙”よりも、”新しい顧客の開拓”として機能してしまったと解釈できるかな。

「心のカゼ」問題は、こういった視点からも、考えてみたほうがいいと思う。


Dell Women's Entrepreneur Network 2013 - Istanbul / Dell's Official Flickr Page


「うつ病は、心のカゼです」というフレーズは、「病気なのに、受診しようとしない人」を拾いあげていこうという目的があった。その文脈で、「心のカゼ」と言ってた精神科医療関係者のほうが多かったんじゃないだろうか。
ところが、結果として「自分は病気かもしれないと考えるようになった人」が予想以上に多く出てきた。まさしく「新しい顧客の開拓」
もちろん、「病気かもしれない」と思う人の中に、治療が必要な人は一定の割合で存在はした。でも、その割合は高いものではなかったはず。何分にも、感度が高くて、特異性の低い手法であるわけだから。

問題は、特異性が低いのに開拓されて、病院にたどり着いた「新しい顧客」の受け皿を用意していなかったこと

「精神的な病気かもしれない」と考える人に、「あなたは、病気ではありません。正常です」と言って納得してもらうのは、難しい。
そもそも、説得するために必要な「説得力の高い、特異性の高いやり方」が、精神科的にはなかなか無いわけで。

「あなたの悩みはわかりますが、それは正常な心のあり方であって、病気ではありません」という説明を、どれだけ説得力をもたせることができるか。また、受け入れられるか、後出しジャンケンで否定されないか……
こうやって悩みだすと、なかなか難しい。
でも、どこかに落とし所をつけないといけない。
その結果が、「うつ病」の診断の拡大化であったり、場合によっては、「○○うつ病」みたいなものであったりする。



Very Curious... / weekbeforenext



「最近の外来は、人生相談にやってくる患者さんが増えた」という愚痴も、良く聞くようになったし、自分もそう思うことは少なくない。

「あなたは、別に病気じゃないですよ」と説得するやり方も、治療法と同じように磨く。それが、まずできることなのかしらん。





2013年6月6日木曜日

DVD「彼が二度愛したS」視聴終了 怪しげな雰囲気は見る価値はある


DVD「彼が二度愛したS」視聴終了




映画全体からただよう、どこか怪しげな雰囲気が、見ている自分を引き付けていた。そんな魅力のある作品。
特に、前半のユアン・マクレガーとヒュー・ジャックマンが知り合い、お互いの関係を深めていく流れが、とても良い。
映画の雰囲気と二人の魅力が、うまくマッチして、作品の展開を盛り上げていく感じが、とても良かった

そう、それと分かりやすい伏線の貼り方と、作品の矛盾点があることを、少し気がつかせないくらいに……

映画作りって、難しいよな。
理詰めの部分がきちんとしていても、見続けていくことに努力がいるような映画もあれば、理詰めの部分が甘くても、それなりに見ていくことが出来る映画もある。

ということで、良いできではあるが、重箱の隅をつつきがちな傾向がある私のような人間は、評価を下げざるを得ない作品。

でも、主演の二人とミッシェル・ウィリアムズの魅力や映画の雰囲気が好きな人は、かなり楽しめるんじゃなかろうか。

ということで、点数としては、40点









2013年6月5日水曜日

「面白い」治療はどこにある?


今日のTwitterのタイムラインを見てて、この2つの話題が目にとまった

遠野なぎこ号泣…母との愛憎、壮絶な半生が明らかに!熊切あさ美は梨園の恋を涙の告白『解決!ナイナイアンサー』3時間SP(テレビドガッチ) - エキサイトニュース: 'via Blog this'

【2401】統合失調症の栄養療法: 'via Blog this'



総合格闘技では、団体ごとに細かくルール設定がされている。
ルールは、団体の特色を反映したり、興行としての面白さを作ることも意識されていたり、色々な要素を含んでいる。
試合をする格闘家は、ルールに縛られる。だから、その試合は、団体の意図や興行の面白さに沿ったものに、自然となっていく。

興行主の団体のルールを破って、ひたすら観客の要求を追求する意味での「面白い」戦い方をした場合、観客は一時的に盛り上がる可能性が高い。
観客が盛り上がるのは、いいことじゃないか、と考える見方もある。
でも、場合によっては、興行団体の死活問題に発展することも考えられるし、対戦相手が背負わなくてもよかったはずのリスクを背負うこともある。
だから、闇雲に盛り上がるのは危険な行為で、終わってみれば、第三者だけが盛り上がった思い出に満足して、当事者はみんな不幸になったという結末だってありえる。







精神療法や精神科の治療というのも、治療の場に応じたやり方やルールが存在する。
「第三者が見て、面白い」と思う治療は、かなり「特殊な場」でしか存在できない。(もちろん、それ故に「面白い」のであるが)
一般的なクリニックや病院で「面白い」治療を求めても、そのリスクを引き受けてまで治療をするところは少ないと思う。

大衆に公開されることが前提のカウンセリングとか、患者さんの相談メールを一言でバッサリ切り捨てるやりかたというのは、本当に「面白い」

一般的な治療を受ける「自分」の治療に、その「面白さ」を求める気持ちはわかる。

だが、存在する「リスク」について理解してもらうのは、難しそうだ
ともすれば、「患者さんが求める治療を拒否している」と解釈されかねない。
そのやりとりでのゴタゴタを考えると、真っ直ぐに治療的な方向には進みそうになくて、誰も幸せになりそうな気がしないんだが。

どうすれば、いいものやら。やれやれ



sad face / eyeliam



2013年6月3日月曜日

DVD「推理作家ポー 最期の5日間」 予習が必要な映画


DVD「推理作家ポー 最期の5日間」視聴終了





ポーというのは、言わずと知れたエドガー・アラン・ポーのこと。世界初の推理小説とも言われる「モルグ街の殺人」の作者。
江戸川乱歩というペンネームは、この人の名前からもじったというのは有名な話。


もうタイトルでネタバレしているし、映画の冒頭にクレジットがでるからわかるのだが、エドガー・アラン・ポーの死ぬ寸前数日間の謎を映画化したもの。

でも、エドガー・アラン・ポーが死に際に謎の言葉を残したなんて、この映画を見終わってググるまで、知りませんでした……

これは、ポーの作品やその人となりについて知らないと、楽しみが半減どころか、
5分の1とか、4分の1くらいになってしまう映画。

作品のストーリーの整合性と言うよりも、ポーの最期の言葉に関する謎に整合性をつけようとして、なおかつ、数々の作品を当てはめていくという意味では、良くできていたんじゃないかと思う。

私は、そこまでエドガー・アラン・ポーのことを知らなかったので、うーん。という感じだったけれど。
ということで、楽しみが減弱してしまったので、20点かな。