2013年5月15日水曜日

孤独な優等生を応援したい


中学とか、高校の教室の雰囲気を思い浮かべてみてほしい。

教室で目立ちやすいのは、「(悪い意味で)面白い」人間なんだよね。
真面目な優等生というのは、つまらない。
だって、優等生は、「正しくて、まともなこと」しか言わないから。

時々、優等生は「お前の言うことは、間違っている。そんなこと世間では通用しない!」って、悪ふざけをする生徒を糾弾する。
でも、結果的に注目を浴びるのは、悪ふざけをする方。だって、真面目なものより、(悪い意味で)面白いコトのほうが、印象に残って楽しいから。

そんな状況で、優等生はイライラする。「どうして、正しいことに気がついてくれないんだ?」って。
でも、他のみんなは「正しいことより、インパクトがあるもの」に反応する。人の心は、そういうものなんだもの。
優等生は、心を超えて、正しく理解できる人。多くの人は、そこまではなかなか理解しようとしない。
優等生は、孤独感を味わう。




“The worst part of holding the memories is not the pain. It's the loneliness of it. Memories need to be shared.” / girish_suryawanshi





じゃあ、孤独な優等生はどうすればいいのか?

「正しいことだけを、淡々と伝えて続けていく」。それで、いいんだよね。

「淡々と」というのが大切
正しいことより、目立つ意見を中途半端に引用すると、人の心には「目立つ」ほうが残りがちだから。

そして、「伝え続ける」ことにも意味がある
悪ふざけは、長続きしない。人の心も飽きやすい。だから、継続することが一番の武器になる。
優等生っていうのは、正しいことを続けることができる資質をもっている。だから、焦ってはいけない。自分の資質を活かすだけのこと。そこに気がつけば、優等生にとっては簡単なことのはず。


自分がよくみかける優等生の人には頑張って欲しい。でも、できるなら、もう少しだけ上手く頑張ってほしいなぁ。



Hatsune Miku Charity / Danny Choo