2013年3月22日金曜日

「元気がない」と「抑うつ」なのか?


「元気がない」という訴えを「抑うつ」という方向だけで解釈していくと、落とし穴にはまってしまいそうで、ちょっと恐い


「元気がない」患者さんが、かかりつけの内科で相談する。
すると、以下の経過をたどることが……

「元気がない」=「抑うつ」=「うつ病」
うつ病かもしれないから、抗不安薬や抗うつ薬を処方する
抗不安薬や抗うつ薬にも鎮静効果がある
鎮静効果を、患者さんも医者も「より元気が出ない。病気が治らない」と思う
薬を増やしましょう

こういったネガティブスパイラルが、しばらく進行してしまう。そして、どうにも上手くいかなくなって、精神科に紹介されてくるパターンは、珍しくない。




An old silk-worker (now unable to work) living on earnings of a roomer, March 1937 / The U.S. National Archives



似たようなパターンが、スルピリドという薬。これは、抑うつ効果もあるし、食欲低下にも効果があるとされている薬。高齢者の抑うつで使う医師は、まだまだ多い印象。

内科の先生が、高齢者の抑うつにスルピリド使う。すると、副作用として、軽いパーキンソニズムが出て、少し動きが悪くなる。「元気がなくなって動けなくなった」と解釈。でも、「抑うつ」があるからスルピリド減らせない。だから、抗不安薬を増やしたり、抗うつ薬を追加して試してみる、という方向性に走りやすいような感じがある。


これを防ぐポイントは、患者さんのどこを診て、どう考えて、「抑うつ」と評価するかということになりそう。
自分が診察する場合は、「精神運動抑制」、「悲哀感」、「焦燥感」なども推し測りながら、どれくらい「抑うつがあると言えるかと考えているような気がする。でも、”気がする”と書いちゃうくらい、上手く説明できない。このあたり、本当に言語化できるものなんだろうか……

言語化しにくいものを理解する時に、「皮膚感覚」とか「身体感覚」で理解するといったフレーズがよく使われる。
多分、知覚化されていない思考過程があるはずなんだけど。こういったフレーズを使われると、それ以上のことが教えてもらえそうにない感覚になる。どうしよう……



Artisan (Artesão) / pedrosimoes7




ちなみに、「プレコックス感」も、これに似たようなものがあるような気がする。
こっちのほうが、もっと難しい。