2013年2月21日木曜日

「ちょっと引き受ける」ことを意識する


児童精神科医 姜 昌勲先生のツイッターのつぶやきを読んで、最近の自分の臨床のスタイルの変化について考え直してみた。



例えば、アルコール依存症の患者さんの診察での対応。

「あなたは、アルコール依存がある。だから、今"お酒を飲みたい"と思うのは当たり前。でも、飲み続けるのはまずいよね。じゃあ、これから、どうするかということだよね」

こんな感じの対応をすることが、最近多くなったなぁと思っている。

最近なんですよね…… つまり、以前はこういった対応ができていなかった精神科医であるという、恥ずかしい告白です。


自分の場合「”お酒を飲みたい”と思うのは当たり前」と言えるようになるまでのハードルが高かった。このフレーズを、患者さんによって色々と言い方や言葉を修正しながら使えるようになるまで、かなり時間がかかった。

上手く言えるようになってから、自分の治療の質が変わってきたような感覚がある。



どんな病状の治療であれ、治療というからには、正しい手続きを積み重ねていくことが必要。そう信じて、なおかつ、早く良くしたいという気持ちが強かった。
でも、正しい手続きを急いで積み重ねていけば、それに応じて、早く効果が出るのかというと、そうでもない。

むしろ、積み重ねていく途中で、ちょっとタメというか、待つというか、そういった「相手のことを、ちょっと引き受ける」という意識と行動が必要だと、どこかで思い当たったような気がする。

その結果として、「”お酒を飲みたい”と思うのは当たり前」と言えるようになったんじゃないだろうか。それが、成長といえば、成長かもしれませんが……



Awaiting Sunset / Jayel Aheram




きちんと臨床ができる人は、こんなふうに考えなくても、普通に上手く患者さんに伝えることができている。どちらかというと、それがなかなかできなかった私自身は、やっぱり大きな問題があったよなぁという反省の日々です。

まぁ、こんな人間でも、とりあえず精神科医やれているつもりです。