2013年1月25日金曜日

怒られるのには理由がある





この感覚、わかるような気がする。
診察の時に注意していることや、他の人の対応を見ていて、時々引っかかる点に関係するから。

統合失調症を発病した患者さんの診察で、ありがちな光景。
医療者が「あぁ、幻聴があるんですね」と、患者さんに言ってしまう。
直後に、「私には幻聴なんて無いんだ!」と怒鳴り返される。

これは、患者さんが怒ってしまうのが当たり前。

だって、「幻聴があるなんて言ってないのに、勝手に、幻聴だって、医者が自分の考えを押しつけてくる」と思われてもしかたがない返答だもの。



Rome visit, June 2008 - 57 / Ed Yourdon




診察の時、特に最初の段階では、まとめすぎたり、自分の考え方を押し付けないことが大事
例えば、「○○という声が聞こえてくるんですよ」と言われた時には、「あぁ、○○と聞こえてくるんですね」と答える。
患者さんの使っている言葉。それをそのままの形で、話をする材料にすればいいだけ

当然、カルテに記載する時には、「○○という幻聴あり」と、どこかには書かないといけない。

自分の判断や解釈を、患者さんに伝えるときにはどうするか。そこは、治療全体の流れとか、必要性とか、治療関係とか、色々と考えてからにしないと。
相手への説明とカルテ記載は別の話だから。




ところで、かなり長期の経過を経た患者さんが、「幻聴があります」って言ってくることがある。これは、きちんと病識が形成されている場合もあるけれど、周囲から「幻聴だよね」と教えこまれ続けた結果であることも多い。後者の場合、「幻聴や妄想があります」って言うけれど、病識は無い状態になってしまうわけだ。
これについては、医療側の反省が必要