2012年9月27日木曜日

古いタイプの精神科医ですが……



”抗精神病薬って、どんな作用のある薬ですか?”という問題を出したとしよう。

「抗精神病薬は”鎮静”の薬です」

この答えは、かなり多いんじゃないかと思う。
間違いじゃないけれど、合格点はあげられない。10点満点で5点かな?

”思考が散漫になるのを抑える”薬という作用が間違いなくあるからだ。

もちろん、前者のほうが強く作用しがち。
鎮静の強さは、抗精神病薬の薬としての最大の欠点でもあり、利点でもある。正に、コインの裏表。



50 Pence coin 1994 - 50th anniversary of D-Day - Normandy Landings / ell brown



でも、”鎮静”と”思考が散漫になるのを抑える”という二つの効果を認識していないと、非定型抗精神病薬を使いこなすのも、なかなかに難しいと思っている。

そのためには、ハロペリドールを使い込んだ経験があったほうが、非定型も含む抗精神病薬の使い方を理解しやすいんじゃないか、そんな気がしている。

ハロペリドールをいろいろと工夫して使った経験。つまり、
少量のハロペリドールが、精神症状に与える効果。
鎮静が必要になった時に、必要量のハロペリドールを使う。その時に、どんな鎮静がかかっていくか。

そういったものを経験した上で、非定型抗精神病薬を使った時に
鎮静の程度が、どれくらい違うのか。
抗精神病薬が精神症状そのものに、どのように効いていくか。
それを注意深く見つめる。

比較対象となるものがあれば、「効果」というものが分かりやすくなる

そういうことだ。



最近の(?)精神科医は、医師になった最初から非定型抗精神病薬での治療経験が圧倒的に多くなっているはず。そんな治療者が、薬の効果を、どういう形で見積もったり、認識したりしているんだろうか?
興味が尽きない。


古いタイプ(笑)の精神科医の自分とは、間違いなくズレがあるんだろうな。
でも、そのズレを確かめてみたい。



Wear the White Coat 2011 / Greater Louisville Medical Society