2012年8月24日金曜日

時間をかけてでも、身につけるべき習慣


自己啓発やライフハック的なもので、「感謝の気持ちが大切」というテクニックが、よく紹介されている。

でも、これって、「良い人アピール」とか「偽善ぽさ」のような印象があって、なんとなく実行するには、抵抗を感じてしまう。
感謝日記みたいなものをつけてみたりもしたけれど、三日坊主で終わることを何回繰り返したことやら……


でも、「感謝する」ことは、上手く人生を送るには、かなり重要なテクニックじゃないのかと、しばしば考えるようになってきた。

臨床の場面で、患者さんが調子を崩した時に、家族や医療サイドに対して、ポジティブな言動がでてくるか、ネガティブなものがでてくるか。
精神状態が悪いので、ネガティブな言動があっても理解できる。そもそも、そっちの方が多数派だし。


当たり前かもしれないけれど、ポジティブな言動ができる人は、なんとなく、今後の治療が良いものになりそうな気持ちに、こちらもなってくるし。

うん、やっぱり、「感謝」の有る無しって、予後みたいなものを大きく左右してしまいそうだな。


words / palavras / lilivanili



とっさの場面や困った時、人間からでてくる言動は、身体や考え方に染み付いたものが基になる。

ということは、窮地にポジテイブなものを出せるようになるためには、普段から習慣づけていかないと無理なんだろうな

それこそ、「10年やって、ようやく身につく」レベルのことかもしれない……