2012年6月14日木曜日

まだあわてるような時間じゃない


精神科治療の中で、欠かすことができない存在の一つに、「保護室」があります。

「保護室」がどんなところか、わからない人は、下記リンクを参考に。(精神病院のホームページです。探せば、保護室の写真があります)
http://www.amrf-kohnan.or.jp/institution/
http://www.seishinkai-kokoro.jp/kokoro/index.html

大雑把に言えば、保護室は症状が悪い患者さんに対応するための病室。

患者さんの治療では、保護室から精神科一般の病室になるべく早く移せるようにすることが一つの目標になります。




最近、看護スタッフの方から「もうそろそろ、患者さんを保護室からだしていこうと思いますが、どうですか?」という要望があった。

今回は、それにストップをかけました。
ちなみに、その時の自分の脳内イメージは、スラブダンクの仙道のアレw






その患者さんは、10年以上未治療だった統合失調症の患者さん
家族に連れてこられた時は、興奮したり、行動がまとまらなかったりしたので、当然保護室を使った治療になります。
薬もなかなか飲んでくれなくて、看護スタッフも苦労していたのも知っています。

その甲斐あって、徐々に改善の兆しも見えてきた。
暴れなくなったし、薬を嫌がることも稀になってきた。
だから、保護室から出して開放的な対応にしようという、看護スタッフの気持ちは、健全で、よく理解できます

でも、まだ、だめなんだ。あわてて保護室から出すようなタイミングじゃない。

最初の状態が悪かっただけに、今の状態は本当に良くなっているように感じられます。

ただ、もう少しよく診て欲しい。

会話もできるようになっているけれど、キャッチボールは、数回しか続かない。
ちょっと続いた後のボールは、胸元から外れたところに飛んできがち。
時々、投げかたが分からなくなってしまう時もある。
なによりも、自分から保護室を出たいと思っているような様子が見られない。
こういった状態では、まだ周囲からの刺激は、患者さんにとって強すぎるはず
これが、私の判断です。



「保護室」は、暴れる患者さんから周囲を守るためのものではないんです。

保護室の目的は、「患者さんを、周囲の刺激から『保護する』ための環境を作ること」です。
その意味を考えて欲しい。

「暴れなくなったから、保護室から出さないと」という考え方は、治療の筋が悪いと思ってます。
さすがに、看護スタッフには、そこまでは言ってません。

もし、自分が指導している研修医が同じようなことをしようとしたら、「それは、筋が悪い。中井久夫の本を何回も読み直せ!」くらいは言ってたもしれませんが……