2012年5月31日木曜日

一人では受診させないで欲しい……



病院によっては、認知症かどうか微妙な患者さんの診断を確定するために、短期間の検査入院をすることもあります。
その手の病院にいた頃の話……

認知症の検査入院する患者さんが、当日病院に来ないわけです。
担当の研修医を呼んで、「どうなっているんだ」と聞くわけです。当然。

研修医 「今日の午前中に来てくださいって、電話で伝えてました」
私    「まさか、○○さん本人に言ったんじゃないんだろな?
研修医 「電話にでたのが、○○さんだったんです。でも、『わかりました』って、しっかり言ってましたよ
私    「入院の目的を、もう一度言ってもらおうか……




SAKURAKO - Pick up the phone. / MJ/TR (´・ω・)



少し前から認知症治療の啓発(?)CMが、流れるようになったせいか、「物忘れが目立つんだけど」とか、「認知症の検査をしてほしい」といった受診が増えているような気がします。

でも、当の”物忘れが目立ってきた”本人さんだけが受診される場合が、時々あるんですよね。このパターン、けっこう困るんですよね……

長谷川式やMMSEとか、頭部CTなどの検査も、認知症の診断をするには重要です。

ただ、生活に密着した情報。これに勝るものは、無いんですよね。

最近数ヶ月での生活の変化とか、何気ない行動の変化があるかどうか、などなど

これだけは、本人が言うことだけで、判断できませんから。

だから、治療啓発のCMをするのなら、「家族も一緒に受診して下さい」の一言くらい、付け加えて欲しい
そうじゃないと、何のための啓発やら……







ちなみに、認知症がきちんと診れる医者と、そうでない医者の違いがでてくるのは、この部分です。

できる医者は、家族からの情報の取り方が抜群に上手いんです。

患者さんの生活リズムとか、家事のこなし方とか、最近の言動などを聞く時に、それがわかります。

質問をする時の言葉の選択ポイントの見つけ方ポイントじゃないかと思った時の話の広げ方等々、情報の引き出し方に違いが出てきます。

情報の聴取のしかた、これは奥が深いものですね、やっぱり。


こういったアプローチは、本来なら精神科医に一日の長があると信じているんですけどね。
なかなか、思うようなレベルには、届きません。
難しいものです。