2012年5月17日木曜日

「完全なる報復 (2009)」


全体の3分の2までは、文句なしに面白かった
本当に、面白かった。

でも、点数としては60点というところ。






前半3分の1くらいまでは、”SAW”+”羊たちの沈黙”の良い部分を使って、新たなキャラクターの誕生を思わせるような展開

パクリ感も、あまり気にならない上手い感じに仕上げていた。

ストーリー上、残酷なシーンも出さざるをえない。
それをぎりぎりのところで、ストップをかけるところも、演出の腕を評価できた。

いやぁ、本当に面白かったんだよ。


それだけに、残り3分の1の展開が…… 残念でならない。