2012年3月21日水曜日

「感情失禁」という用語、カン違いしてませんか?


「感情失禁」という用語の使い方を間違える人って、わりと多い。

「感情失禁」は、器質的な障害を背景とした、情動のコントロールができていない状態


多分、表記の印象からだろうけれど、「感情がわっと溢れでてくること」だと勘違いしている人が多い。
抑うつ状態の人が、思わず泣き出した場面に遭遇した時に「感情失禁がみられた」という記載をしてしまうのは、そういう勘違いをしている人だ。




crying. / maren.rockt




「感情失禁」を誤解している人の対応は、心配になる。

抑うつ状態の人が突然泣き出したことを、「あぁ、感情失禁だ」と『理解・納得』したのじゃないかという心配だ。

そういった「理解」してしまうと、そこで思考がストップしたり、安易な対応になったりしがちだ


そうじゃない。

泣き出されてしまった場面では、「この人は、何故泣き出したのか? 突然泣くには、どういった心情があったのか?」と疑問を持たないといけない

この疑問には、通り一遍の正解はない

「感情失禁だ」という誤った正解を見つけてしまうと、それ以上考えられなくなってしまう。
これって、怖いことだと思う。

目の前の出来事を早わかりするのは危険。そのことは、覚えておいて欲しい。


目の前の客観的な事実を出来るだけ、事実のまま認識しようとする姿勢
それこそが大切だと思っている。

相手のことが、わからなくてもいい、混乱しててもいい。
むしろ、そんな状態になってしまっている人間に対して、相手は共感を感じてくれる場合もある。


自分の見たものが、どんな概念に当てはまるのか。それを確かめる作業はやらないといけない。
それは、その場を一旦収めて、自分の場所に戻ってから。

改めて教科書を引っ張り出して確かめる。他の人に聞いてみる。やりかたは、色々とある。
その中で、自分の体験したものを専門用語に当てはめていく。
その結果を、カルテなり、記録なりに書いていけばいい。



Thinking... / Klearchos Kapoutsis


この作業って、面白いよ。いろんなことが分かってくるから。


だから、思考は止めないで欲しい。すごく、もったいないから。