2012年2月29日水曜日

「国語力」は馬鹿にできない




「自分自身の気持ちや感じているものを、言葉にできる」
これだけで、精神疾患の予後は違ってくるはず。
そう信じている。

例えば、「不安なんです」と訴える患者さんは多い。

それに応えて、
「どんな時に、不安を感じますか?」とか、
「不安な時には、そこからどんなことを考えますか?」と、
聞いてみる。


すると、その質問に応えることができる人は、そんなに多くはない。
場合によっては、無意識だろうけれど、軽い逆切れみたいな態度をとる人も。

感じているモノやその周辺のことを、もう少し詳しく言葉で説明する。

一見簡単そうに見える。でも、クリアするのが、わりと難しいハードルなんだ、これは。

簡単そうなことをクリアできない。確かに、ストレスで、苛立ちを感じるんだろう。
精神的にしんどくて、病院を受診しているのに、何故しんどい思いをさせられないといけないんだ、って。それは、理解できる。

分かっているけど、必要だから聞いているんだよね。


正体不明なものは、本当に怖い

でも、言葉にして現すことができた時、それは正体不明でなくなる。カタチのあるモノになる
カタチがあるモノは、自分の中にあるものでも、取り扱うことができる。つまり、力を弱めたり、上手く付き合えたりすることができる。
そうなると、自分自身が楽になることにつながる。



言葉にして現すには、「国語力」が必要
その人がどれだけ、読んだり書いたりしてきたかという積み重ねの結果が、「国語力」。
だから、受診してきてから、読み書きの練習をしても、半ば泥縄なんだよね……



読書 / yto




自分ができるのは、言葉にして現すことを上手くできるようにしたり、時には肩代わりしてあげたりすることかしらん……

2012年2月28日火曜日

話を聞くにも「ため」が必要

精神科の臨床場面で「話を聞くこと」は、「相手の言うことを黙って聞いている」ことではないんだよね。

「話を聞くこと」に必要なのは、「相手の価値観に、ただ黙って寄りそう時間を作ることができる」能力だったりする。



寄り添う / nubobo


面接場面の相手は、いろいろな意味で、自分とは違う価値観を持っている場合がほとんど。

ということは、話を聞いていると、色々な気持ちが反射的に浮かび上がってくるはず
それが出てこないのは、相手の話を聞いていないことなので、問題外。

反射的に出てきたものを、そのまま外に出してしまう人もいる。
それは、単なる正直者。人柄によっては評価されることもある。でも、大抵の場合は悪手。

反射的に心の中に浮かんできたものを、心の中で見直して処理をする。それで、はじめて臨床として成立する。
この処理は、「聞くこと」と「自分と向き合う」という二つの作業を同時にすることになる。

これは、難しくて、時間がかかる。
でも、無駄な時間じゃない。
面接の中での「ため」の時間になる。



「ため」は大切。

野球のバッティングやピッチングのフォームでも、一流の選手には「ため」があるって言うでしょう。アレみたいなもの。

「ため」があることで、より大きな何かを生み出す。



Future Roger Clemens / wjklos


「ため」の時間を気にしてはいけない
基本に忠実に積み重ねていけば、自然と「ため」の時間は短くなる。
これも野球と同じだよ、きっと。

積み重ねだからね
臨床をやり始めた時から、「ため」をつくることを意識してほしい。
経験値が多くなる分、それだけ将来の伸びしろが大きくなるはずなんだ。


2012年2月16日木曜日

「どうして、ここに来たの?」


外来で、初診の診察をする時に、自分の中で気をつけているポイント。

「今、一番困っていることは何ですか?」という主訴の確認。
それと、
「この病院に、今日、やってこられたのは、どうしてなんですか?」という来院経緯の確認。


時々、この二つを一緒にして考えている人がいる。
それは、ちょっと違うと思う。似ているところはあるけれど、別のもの。


主訴の確認は、基本中の基本なので、今回は割愛。


身近の医師が診察しているのを聞いていると、来院経緯の確認をしている場面は、案外少ないなぁと思っている。
診察を聞きながら、「すごくもったいない」と、いつも思っている。
えぇ、時々他の医師の診察に聞き耳をたてていますが、それが何か……


Pennsylvania School Counselors Association Conf. / ArmyStrongPA


来院経緯について話をしていくと、これからの治療を組み立てるためのヒントが出てくることも。

家族の中のどの人が発言力が強いかとか、治療に理解を示してくれそうとか、いろいろと見えてくるものがあるから。

ヒントを手に入れるところまでいかなくても、診察で見えてくる範囲も広がる

別に、初診の診察に限らず、いろいろな場面で聞いてみてもいいと思う。
改めて確認することで、お互いに治療の理解が深まるはず。

来院経緯を聞くのって、なかなか面白いよ。

2012年2月15日水曜日

何気ない一言の価値




気にしてよく見ている、いちはさん(@Willway_ER) のブログを読んで、思ったことをつぶやいたので、そのまとめ。
(ブログは、下記のつぶやきのリンクがあります)


ブログの中に出てくる、診察の締めくくりの一言って、いいよなぁと思った。

一見何気ない一言も、「小精神療法」という立派な治療


こういった一言って、案外評価されないんじゃないかなぁと、前から心配はしていた。

精神科医療のビギナーは、この「何気ない一言」が精神療法であることに、気づけなかったりすることもありそう。
教育指導の偏り方によっては、「何気ない一言」の意味に気がつかないまま、ビギナーから成長してしまう。
そんなことまで、考えてしまったり……

それだからこそ、「何気ない一言の小精神療法」の経験が、いろいろと共有されたり、蓄積されたりするっていうのは、大切なんだろうな


Hello / OiMax


Fox get me out of here eyes / Harlequeen


2012年2月8日水曜日

これも「傾聴」だと思うよ


診察中の一つの場面。

二人の人間がいる。二人とも、黙っている。
よく見れば、片方は、時々何かを言おうとしているような雰囲気が出てくることがある。でも、声に出すことはない。
もう片方は、動じる様子もなく、軽い笑みを浮かべて、相手を静かに見つめている。

前者が患者さん。後者が自分で、これでも治療的なことをしているつもり




相談室. なんかおしゃれ.. / emailer



診察をしている時に、患者さんが途中で口ごもったり、何も言えなくなったりすることは、さほど珍しいことではない。
当然、医者の方は、患者さんが何か話し始めるのを待つことになる。



待つ時の心の持ち方や対応も、いろいろ。

例えば、診察を待っている患者さんが大勢いる状況では、時間の余裕が無い。斜め後方にいるスタッフの苛立ちも伝わってくるし。
早く診察が進めないといけないと思うと、どうしてもイライラした気持ちもでてくる。
そうなると、ついつい、早く答えるように急かしてしまったり……

治療の状況によっては、「今は答えられないかもしれないけれど、あなたは○○と思っていたんじゃないかなぁ」なんて言ってしまったり……

場合によっては、沈黙の状況になんとなく耐えられないと感じたり……



この待っている時間は、別に悪いものじゃないんだよね

ただ待っているだけでも、十分治療的なものがあるような気がする。

それは、医者の一方的な思い込みだと思われるかもしれない。
そうかもしれない。
でも、こちらが治療的だと思うことも大切じゃないのかな



患者さんが、なかなか言葉に出せずに言いよどんでいる。
こちらもそれを黙って待っている。待っていることも、治療的なものにしようと考えながら。
お互いに何も言葉を発していない時間。
でも、自分は、この時間の中で「傾聴」していて、治療行為をしている


2012年2月1日水曜日

「病感」を育てる


調子を崩して入院している、慢性期統合失調症の患者さん。

「精神分裂病と言われたけれど、自分では、そんなことはないと思うんです。」
「何か、頭が回らないんですよね。頭が回らないと、身体が上手く動かないんです。それが嫌なんです」
と話されていた。


”病識は欠けている。病感は、むしろ極めて正当なものがある”

カルテに記載したのは、こんな感じ。
……、このカルテの記載。自己流も甚だしいなぁ、と思うことしきりなんだけれど。
これで、いいのかしらん?



それはさておき、

この「病感」を治療的な方向に育てていきたいんですよね。



「きちんと、病識をもってもらう」ことを優先すると、

「いや、あなたの病気は、前には精神分裂病と言っていた統合失調症で間違いないし……」
「先生、そんなことないです。分裂なんていわれても、自分は分裂なんかしてません。あの時の先生は、間違っているんです」

という感じに、不幸な方向に話が進んでしまいそう。



そもそも、この患者さんは「分裂」という言葉に抵抗があるだけだし……


振り返ってみて、
「何か、頭が回らないんですよね。頭が回らないと、身体が上手く動かないんです。それが嫌なんです」
この訴え。これって、すごいんです。
聞いた時には、思わず、心のなかで「おぉ!」って言ってました。
なぜなら、自分自身の状態について十分に感じ取れていて、言葉で説明できているから。


そうなると、患者さんと治療を作りあげていく手順が、とても楽。

例えば、
「うん、頭の回らないのは、辛いよね。その辛いのって、よくわかります。そこを何とかしていきましょう」
「どうするんですか?」
「それだけ、辛かったから、大分しんどかったでしょう。しんどい時には、やっぱり休養を取らないとダメですよね」
「そうですね」
「まずは、ゆっくり休養が取れるよう、お薬を調節します。何日かは、ゆっくり寝てしまうくらいのほうが良くなるから……」
といった感じで、話を進めていける。


患者さん自身が「感じている」病気のことを、お互いがわかってきてからでしょうね。
病名を改めて告知したり、病気について説明したりするのは。



砂場にみごとな生け花が。 / klipsch_soundman