2011年8月23日火曜日

支える力 : 映画「パーマネント野ばら」 (ネタバレ有り)



はじめに:
原作や映画の「パーマネント野ばら」の内容を知っていることを前提に書いています。
ネタバレが嫌な人は、読まないように注意してください。























答えがでないことを、いろいろと考えていた。


「パーマネント野ばら」の主人公の「なおこ」は、”くるっている”

映画でも、原作でも、主人公が精神科での治療を受けている描写はない。

もし、自分が「なおこ」の主治医であれば、どう対応しているだろうか。

過去の恋愛体験を基にした妄想の世界があり、病識もあいまいだ。
あえて診断をつけるとすれば、統合失調症の妄想型とするだろう。


じゃあ、治療はどうするのか?

判断が難しい。
それなりに、日常生活もできている。大きな問題はないように見える。
ただ、温泉旅行のエピソードのような行動化が出てくるのは、少し心配だ。
症状の悪化を防ぐためにも、抗精神病薬を飲んで欲しいと思う。

薬物療法は、最小限に抑えたい。生活の質をあまり落としたくはない。
妄想を消失させることを目標にするべきではない。
薬を使ったことで、妄想が消えてしまうことは、ほとんど期待できないわけだし。
「なおこ」にとって、妄想の世界は、いい意味でも悪い意味でも避難所である。プラスの面とマイナスの面とのバランスを上手く取らなければ。


大切にするべきなのは、「なおこ」と周囲の人間との関係だ。
「なおこ」の母親、友人、近所の人は、彼女を受け入れて、見守っている。
この環境は、治療的に大きな意味がある。
自分のような医者の力は、この環境がもたらすものには、なかなか及ばない。


物語のラストで、「なおこ」は友人に問いかける。
『わたし くるってる?』
友人は、その言葉を受けて、明確で、力強い言葉を返す。
その言葉は、まぎれもなく「なおこ」を支える力を持っている。

もしも診察の場面で同じように問われたとしたら、自分のような情けない医者には、これほど強い言葉を返すことができない。

映画「パーマネント野ばら」を見た後、原作を振り返りながら、答えがでないことを考えていた。